縮毛矯正 頻度 | 縮毛矯正の頻度は梅雨を基準に2回~

縮毛矯正の髪型でショートボブ2
スポンサーリンク




縮毛矯正の頻度は梅雨を基準に2回~

皆さんは縮毛矯正頻度はどのくらいでしょうか?

1年に1回、もしくは1年に2回でしょうか?

だいたいの方が自分の癖が出始めてる梅雨時期に縮毛矯正をかけるのではないでしょうか?

では梅雨時期にかけた次はいつ頃に縮毛矯正をかければ1番良いと思いますか?

今日はそんな縮毛矯正の頻度についてのお話

縮毛矯正の頻度は5月を基準に

縮毛矯正をかけるのに1番適している時期が5月です

梅雨時期に入る前、且つ8月までの熱い季節(汗で湿度が高い)にもくせ毛に悩む事なく過ごす為には、5月に縮毛矯正をかけるのに1番適した時期になります

その5月を基準に1年間の縮毛矯正の頻度を考えてみましょう

髪型によって頻度が変わる

短い髪型なのであれば、くせの影響も受けやすくなりますので、年に3回がベストです

5月-9月-1月という頻度で縮毛矯正をかけていくのがちょうど良いと思います

長い髪形であれば、くせの影響も受けにくいので年に2回がベストだと思います

5月-11月という頻度で縮毛矯正をかけてあげるのがちょうどいいと思います

癖の強さによって頻度というのは少し変わってきますが、5月を基準に考えてあげる事が良いと思います

ここで一つ難点があります

5月というのは自然と癖も出てくるので縮毛矯正をかけたくなるものなのですが…11月や1月というのは湿気も少なくなってくる時期ではあるので、くせが気になりにくい時期なのです

ですが、この11月,1月にかけておかないと次の縮毛矯正をかける5月のタイミングに合わなくなってしまうのです

ちなみに5月を基準に縮毛矯正の頻度を決めているのにもちゃんとした理由があるのです

繁忙期には縮毛矯正をかけない

美容室には繫忙期と呼ばれる忙しくなる時期が存在します

その時期というのは自然とお客さんの数も増えてしまい忙しくなってしまいがちです

そんな時に縮毛矯正をするというのはお勧めしません

縮毛矯正というのは美容室の中でもとても繊細な技術です

ちょっとした事で失敗や事故が起きやすくなってしまうメニューの1つなのです

そんな失敗や事故が起きやすい繁忙期にわざわざ行くのではなく、閑散期の暇な時にしっかりと綺麗にしてもらう方がリスクは少なくなるという考えから5月を基準に頻度を考えています

まとめ

縮毛矯正の頻度とは、5月を基準に年3回の場合は5月-9月-1月、年2回の場合は5月-11月にかける事が1番ベストです

後は担当の美容師さんとこの記事を参考に相談して決める事をお勧めします